取材の現場から

渋野日向子は約10カ月ぶりの60台に笑顔 「本当に100点に近いゴルフができた」

<ANAインスピレーション 3日日◇12日◇ミッションヒルズCC(米国カリフォルニア州)◇6763ヤード・パー72>

これまでの不振を払拭する会心のラウンドだった。渋野日向子は海外メジャー「ANAインスピレーション」3日目を6バーディ・1ボギーの「67」のラウンド。今季4試合目、9ラウンド目にして、昨年11月に優勝した「エリエールレディスオープン」の最終日以来の60台となった。

この日はとにかくパッティングが冴え渡っていた。10番、3番、9番と長めのバーディパットをいくつか決め、3パットしそうな段を超えるパッティングもタッチが合っていた。約2メートルのパーパットも決めるシーンもあり、終わってみれば25パット。「ロングパットやショートパットのタッチを、合わせるところは合わせる、しっかり打つところは打つ、というふうにメリハリをつけてできていたのが、今日の25パットにつながったと思います」と振り返る。

ディフェンスの面も印象的だった。10番バーディの後で迎えた13番パー4では、ドライバーのティショットを右ラフに入れて、2打目もグリーン手前のラフにショート。ピンチを迎えた。40ヤードのアプローチを、ピッチ&ランで1メートルに寄せてパーセーブして見せた。

「青木(翔)コーチに見てもらいながら、40ヤードくらいのラフからのアプローチを、朝ちょうど練習していたんです。そのシチュエーションが来たので、『これだ』と思って、良い感じで寄ってくれていた。パーを獲ることができて良かったです」と練習の成果をさっそく発揮した。

その青木コーチは技術だけでなく、「75」を叩いた前日にはメンタルもケアしていた。「青木コーチに『(予選に)通ったらこっちのもんだ』っていうふうに言ってもらえてから気分が変わりました。しゃべっていたらだんだんイライラも抜けてきた」という。

さらに、「昨日の夜ご飯のとき、青木コーチに『明日は60台出したらステーキおごってあげる』って言われたので、とりあえず60台は出したかったです」というエピソードを披露し、わはははと明るく笑う。

「67」のラウンドといっても、ピンを無理に狙ったりせず、セーフティに攻めていた印象だ。そのなかでチャンスを確実にものにして好スコアにつなげた。海外のコースを経験してマネジメントでのメリハリも感じる。

「明日は悔いの残らないように最後まで、もう明日は攻めのゴルフをしてもいいかなと思うので。しっかり攻めて良いスコアで終われるように、笑顔で終われるように頑張りたいと思います」。トップとは8打差で優勝は難しい位置だが、攻めて噛み合ったらどういうスコアが出るのか、渋野だから期待してしまう。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・ごほうびのステーキを楽しみに… 渋野日向子、好スコアの裏話【一問一答】
・平均飛距離278ヤードをマーク 畑岡奈紗がボギーなしの「67」で「まずはトップ10へ」
・河本結はペナルティが頭にちらつきダブルボギーも、“トイレ時間”で切り替えに成功
パーゴルフ編集部インスタギャラリー