取材の現場から

池ポチャも…3つ落とした渋野日向子「後半のゴルフに関しては最悪」

<ANAインスピレーション 2日日◇11日◇ミッションヒルズCC(米国カリフォルニア州)◇6763ヤード・パー72>

海外女子メジャー「ANAインスピレーション」2日目。初日を終えて首位と4打差の2アンダー・19位タイにつけた渋野日向子は3バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの「75」でラウンド。トータル1オーバーとスコアを3つ落として予選ラウンドを終えた。

1番から出た渋野は2番パー5で2打目をグリーン近くまで運び寄せワンでバーディ。4番でボギーを叩くも7番で約4mを沈めて2つ目のバーディを奪った。さらに8番パー3で落とした直後の9番でバウンスバック。良い流れで折り返したが、13番、17番でボギーを叩くと、最終18番では池ポチャ。ボギーパットも蹴られてダブルボギーとなり、悔しい上がりとなった。

渋野がターニングポイントに挙げたのが11番。約2mにつけながらもバーディパットを外したホールだ。「あそこから流れが悪くなった。ことごとくショットがバンカーに入った。なかなかパットも決められずもったいないのが多かった」と唇をかんだ。「後半のゴルフに関しては最悪。修正することはたくさんある。パッティングもショットも。修正点は多いのでしっかり練習したい」と厳しい言葉が口をつく。

そんな悔しいバックナインとなったが、最後は顔を上げた。「悔しいハーフだったので、その分とり返せるように、残り2日間は攻めるゴルフをしつつ、成長した姿を見せたい」。今季初となる予選突破はほぼ確実。ここからシブコスマイル満開となるゴルフを見せてほしい。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「こんなポンコツなゴルフはしないように」渋野日向子は後半の失速悔やむも今季初決勝Rでリベンジ誓う
・畑岡奈紗は前半20パットから後半14パットに復調 「チャンスについているのであとは決めるだけ」
・河本結はメジャーで初めての予選通過に「1試合1試合、ちょっとずつ成長している」
パーゴルフ編集部インスタギャラリー