取材の現場から

ペ・ヒギョンが単独首位浮上 2打差にルーキー・笹生優花、澁澤莉絵留ら5人

<日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 2日目◇11日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇6640ヤード・パー72>

国内女子メジャー初戦「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」の第2ラウンドが終了。この日6バーディ・1ボギーの「67」をマークしたペ・ヒギョン(韓国)がトータル8アンダー・単独首位に浮上した。

2打差2位タイに笹生優花、澁澤莉絵留、西村優菜らルーキー3人のほか、高橋彩華、木村彩子が並んだ。2週連続優勝を狙う小祝さくらはトータル5アンダー・7位タイ。

注目ルーキーの安田祐香は上田桃子、青木瀬令奈、西郷真央らと並び、トータル2アンダー・23位タイで決勝ラウンド進出。初日4アンダーの原英莉花は「75」とスコアを崩し、トータル1アンダー・34位タイでの予選通過となった。

一方で、大会2勝の鈴木愛は「75」を叩き、トータル3オーバー・77位タイとカットラインに2打及ばず。2日間で姿を消すことになった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・コロナで足止めの“偉大な先輩”に吉報を 竹内美雪が平常心で急浮上「大きい試合かは考えてない」
・後輩に続く“広島の星”となるか? 田辺ひかりが準地元メジャーで上位争いに名乗り
パーゴルフ編集部インスタギャラリー