取材の現場から

大粒の涙! 渡邉彩香が5年ぶりの優勝 鈴木愛とのプレーオフを制して4勝目

<アース・モンダミンカップ 最終日◇29日◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622ヤード・パー72>

国内女子ツアー開幕戦「アース・モンダミンカップ」の最終ラウンドが進行中。勝負はトータル11アンダーまで伸ばした鈴木愛、渡邉彩香によるプレーオフに突入し、1ホール目をバーディとした渡邉彩香が優勝を挙げた。

トータル7アンダー・4位タイから出た渡邉彩香が「68」をマーク。トータル11アンダーまで伸ばし、2015年「樋口久子 Pontaレディス」以来となる4勝目を手にした。

首位と1打差・3位タイには田中瑞希と酒井美紀、2打差・5位タイには原英莉花、西郷真央、大里桃子ら5人が続いた。

そのほか注目選手では、ルーキーの安田祐香と吉田優利がともにトータル3アンダー・28位タイ。畑岡奈紗はトータル2アンダー・38位タイで終えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・丸山茂樹も祝福! 渡邉彩香の復活優勝に「日頃の努力の賜物」
・最後まで食らいつくも決められなかった2m 田中瑞希が感じた、これからの課題
・優勝の渡邉彩香たたえるも… 鈴木愛はショット不調にぶぜん「勝負にならない」
・18歳の西郷真央はプロデビュー優勝ならず「7割は残念な気持ち」
パーゴルフ編集部インスタギャラリー