取材の現場から

トップから初優勝狙う田中瑞希は順延にも動揺なし 「明日新たな気持ちでできる」

<アース・モンダミンカップ 4日目◇28日◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622ヤード・パー72>

悪天候のため、「アース・モンダミンカップ」最初ラウンドは明日29日(月)に順延することが決まった。これを受け3日目終了時点で後続に3打差をつけ単独トップに立つ“黄金世代”の田中瑞希が、この決定について気持ちを話した。

当初は全体スタートが午後1時になるというアナウンスが出たが、その後順延という判断に変更。「スタート時間の変更でホールアウトが厳しいと思っていたら、明日になったと連絡がきて、『よかった』と思いました」と、まずは一安心といった様子だ。

昨年のプロテストに合格したばかりだが、今季初戦ながらここまで3日間を通じて好プレーを続けている。しかし、この水入りで、「流れはあるけど、今日一日リフレッシュして、明日新たな気持ちでできると思います」と、焦ることもなくしっかりと一呼吸置くつもりだ。

初の首位で迎える最終日。それでも「昨日はよく寝ました。緊張はしていませんね」と、いつも通りの生活も送れている。ポッカリと空いてしまった日曜日については、「ちょっとだけ練習に行こうかな。あとはゆっくりします」。まずはしっかりと英気を養い、黄金世代10人目の優勝者になるための決戦に挑む。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・古江彩佳、プロ初優勝を前にも“マイペースで”「気持ちを入れずにゆっくりと」
・初の“プロデビュー戦V”かかる18歳・西郷真央 雨天順延にも「いい調整ができると思う」
・JLPGA主催・公認競技では初の予備日を適用 アース・モンダミンカップは月曜に順延
・“最終日”は中止で予備日を使用 なぜ今季初戦は54ホールで成立しないのか
パーゴルフ編集部インスタギャラリー