取材の現場から

ツアー1勝“ルーキー”が一気に優勝戦線へ 古江彩佳のアプローチ向上術

<アース・モンダミンカップ 3日目◇27日◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622ヤード・パー72>

ルーキーイヤーを迎えた2000年度生まれの“プラチナ世代”でツアー優勝経験を持つ古江彩佳が、ボギーなしの6バーディで「66」をマーク。トータルスコアを8アンダーまで伸ばし、前日の25位タイから、首位と3打差の2位タイに大きく順位を上げた。

2日続けてのボギーフリーのラウンドとあって、「全体的に安定したゴルフでした」という感想も当然のこと。難所の9番では、ティショットを左のバンカーに入れるピンチも訪れたが、しっかりとパーセーブ。久々の試合のなか「徐々に集中力が高まっているという感じですね」と、尻上がりに調子と順位を上げている。

オフの課題はアプローチにあった。「20、30、40ヤードあたりの距離感をつかむのが苦手でした」と、この克服に向け、昨年の高校卒業後からプロ転向まで研修生として在籍した六甲国際ゴルフ倶楽部で練習を積んだ。コース内に10ヤード刻みでささっている杭を目がけてボールを打ち、それに当てるという練習の繰り返し。これで苦手な距離の感覚を養った。

この日のラウンドでは、課題にしていた距離のアプローチ機会はなかったが、8番パー5のバーディは、残り62ヤードの三打目を58度で2mにつけて奪ったもの。「距離がぴったり合いました。気軽にバーディパットを打てると焦りもなくなりますね」と、しっかり“応用”もきかせスコアにつなげた。

昨年10月の「富士通レディース」でツアー史上7人目のアマチュア優勝を挙げ、プロの道へ。その後も「大王製紙エリエールレディスオープン」4位タイ、「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」2位タイと上位争いを繰り返し、わずか4試合で2073万円の賞金を獲得した。他のルーキーと比べても、実績で頭一つ抜けている。

最終日を前に“プロ初優勝”も十分視野に入る位置につけた。それでも「優勝は意識していません。一打一打集中したい」。明日やること、そして気持ちに変わりはないことを強調した。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・黄金世代10人目の優勝者誕生なるか? 田中瑞希は大一番前に度胸満点「ワクワクの方が大きい」
・2度目の池ポチャも4位 鈴木愛は若き上位陣を警戒「いつもと違う、経験がない選手も優勝の可能性十分」
・畑岡奈紗はトップと7打差で最終日へ「自分がスコアを出せれば、まだチャンスはある」
・“女子高生デビュー”叶わずもいきなり優勝争い 西郷真央はツアー史上初プロ初戦Vなるか
・“お先”パット外して「プロゴルファーをやめようかな」 臼井麗香は不運から持ち直し4位タイ 【上位陣コメント集】
パーゴルフ編集部インスタギャラリー