取材の現場から

ジャスティン・トーマスが2020年初戦V 三つ巴のプレーオフ制す

<セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ 最終日◇5日◇プランテーションC at カパルア◇7596ヤード・パー73>

2019年の優勝者が集った米国男子ツアーの20年初戦「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の最終日。トータル14アンダー・首位タイでホールアウトしたジャスティン・トーマス、ザンダー・シャウフェレ、パトリック・リード(いずれも米国)が18番の繰り返しによるプレーオフに突入し、3ホール目でバーディを奪ったトーマスに軍配が上がった。

トーマスは17年以来の大会2勝目。今季2勝目、ツアー通算12勝目を挙げた。

トータル11アンダー・単独4位にパトリック・キャントレー(米国)。トータル10アンダー・5位タイにリッキー・ファウラー(米国)、ホアキン・ニーマン(チリ)が入った。

昨年の「マスターズ」、「ZOZO Championship」を制したタイガー・ウッズ(米国)、「WGC-HSBCチャンピオンズ」などで勝利を挙げたローリー・マキロイ(北アイルランド)は出場しなかった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・2020年初戦に見た米ツアーの逸材たち【舩越園子コラム】
パーゴルフ編集部インスタギャラリー