取材の現場から

石川遼は量産ならずもバーディフィニッシュ 「明日につながる」

<カシオワールドオープン 2日目◇29日◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知県)◇7335ヤード・パー72>

首位と3打差の14位タイから出た石川遼。前日の雨模様とは打って変わって日差しが指すなかでスタートした。

1番をパーとすると、2番パー3ではティショットを1.5mにつけてバーディを先行させた。しかし直後のパー4では、ラフから打ったセカンドを約6mに乗せたが、下の段から打ったバーディパットは1mショート。パーパットもわずかにそれて入らずボギーを叩く。なかなか波に乗れず9番までで3バーディ・2ボギーの「35」と停滞した。

「前半はチャンスもあったので伸ばしたかった」。こう悔やむなか、午後になるにつれて次第に風も強まり、後半は17番までパーが続く。最終18番でようやく久々のバーディを奪ってホールアウト。「70」のトータル5アンダー、首位と5打差で予選通過となった。

「2つのボギーがちょっともったいなかったけど、ドライバーもアイアンもちょっとずつよくなっている感じがする」。バーディラッシュとはいかなかったが、この日は「声が出ない」と体調も万全といえないなかでも、アンダーパーでまとめてフィニッシュした。「最後にバーディを獲れたのは大きい。そこは明日につながる」。この感触をムービングデーに確かなものにしたい。

(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)
パーゴルフ編集部インスタギャラリー