取材の現場から

4パットボギーに1パットイーグル 渋野日向子は“波瀾万丈”ラウンドで3位発進

<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 初日◇28日◇宮崎CC(宮崎県)◇6535ヤード・パー72)>

全英最終日以来の4パットに、3カ月ぶりのイーグル。渋野日向子の最終戦初日は、にぎやかな1日となった。今季最終戦の第1ラウンド。強い風と冷たい雨が降るなか、渋野は前半を1オーバーとしながらも後半に入るとスコアを3つ伸ばし、終わってみれば2アンダー、首位と3打差の3位タイでホールアウトした。

前半8番まではチャンスあり、ピンチありもパーを重ねると、9番パー5で2オンに成功。ところがイーグルパットを2メートルショートすると、バーディパットは1メートルオーバー。返しのパーパットも入らずに4パットのボギーを喫した。

「あれ、悲しかったな~」と振り返る4パット。大きなチャンスから一転ボギー。全英最終日の3番で喫した4パットダボ以来の痛恨のミスに、さすがに表情は曇った。怒りのハーフターンとなったが、「なんでやねん、なんでやねん」と自問自答。「4パットで怒って、リンゴとちくわをやけ食いしました(笑)」と、気持ちを入れ替えて後半に入った。

すると11番パー5でまたしても2オンに成功。202ヤードのセカンドを4番UTで1.5メートルにつけてイーグル。「風が左から来ていて、ピンも左。思いっきり左を狙って行きました」と1ホール遅れの見事なバウンスバック。「お久しぶりですね(笑)」と、8月の「ニトリレディス」2日目の13番以来となる今季6つ目のイーグルで一気に持ち直した。

16番のパー3でも1メートルに寄せてバーディ。「4パットがかなり足を引っ張ったけど70点くらいです」とやや辛口の評価だが、逆転での賞金女王を狙うには好位置。戴冠の条件は単独2位以上とノルマは厳しいが、まずは上々の滑り出しとなった。

フェアウェイキープは14回中10回。パーオンは13ホールとやや少ないが、「アプローチが頑張ってくれた」と、独特の言い回しでグリーン周りの寄せには満足。4、5メートルのバーディパットに不満を見せるが、「ショットが維持できれば、なんとか」と、あす以降も好調をキープすれば頂点も見えてくる手応えはある。

女王争いライバルの鈴木愛は終盤の上がり4ホールで3ボギーで10位タイ。申ジエ(韓国)は上がり5ホールで3ボギーで26位タイと初日は渋野に軍配が上がった。シーズン終了の鐘が鳴るまで残り54ホール。先週のように、渋野を後押しするような神風が明日も吹くことになるのか。一時も目が離せない展開が、明日も待ち受ける。

(文・高桑均)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・イーグル奪取も!渋野日向子は女王近づく3位タイ発進「パー5でやられたのはパー5で取り返そうと」
・2度あることは3度ある? 女王かかる鈴木愛の不機嫌な上がりは吉兆か
・女王遠のく出遅れも… 申ジエは諦めない「チャンスがないとは思わない」
パーゴルフ編集部インスタギャラリー