取材の現場から

渋野日向子と同組で“スマイル・さくら”が好発進 フィーバーへの感想も…やっぱりマイペース?

<北海道meijiカップ 事前情報◇9日◇札幌国際CC 島松コース(北海道)◇6,531ヤード・パー72>

地元・北海道での大会初日に、渋野日向子、成田美寿々との“大注目組”でラウンドした小祝さくらが、3アンダー・7位タイと好発進。「すごく楽しいメンバーでプレーができました」と、好調だったラウンドを振り返った。

2番でボギーが先に出たが、直後の3番で8mのパットを沈めバウンスバックとなるバーディを奪った。7、9番でも1つずつスコアを伸ばすと、10番では150ヤードのセカンドショットをベタピンにつけ楽々のバーディ。好プレーを見せた時に小祝に飛ぶ歓声や拍手は、時に渋野へのものをしのぐほど。「地元じゃないとここまでの声援はもらえないので、頑張らないとと思いました」。それは本人が一番感じていた。

「プレーの流れが2人とも速いので、すごく回りやすかったです。私よりもプレーが速くて、本当にスイスイいけました」と、よどみのないリズムでラウンドできたことが、この日のスコアにつながった。開幕前日には成田が渋野と“共闘”し、小祝を笑わせるという宣言を打ち立てていたが、それもあって、スマイルシンデレラのお株を奪うような笑顔を、ラウンド中も多く見せた。

渋野とは好きな芸能人の話で盛り上がったというが、そんななかでも、「海外のチャンピオンと、その翌週に回れるのはすごく貴重というか、レアだなと思いながら回っていました」と、特別な感情を抱く一日となった。「(渋野は)眠いと言ってましたが、ショットも振り切れていたし、パターも相変わらず上手でした」。そのタフさには舌を巻いた。

「本当にすごく大きな声援がある日だなと思いました」。ヒナコ・フィーバーに沸いた一日で、その中心にいながらも、どこか客観視しているような言葉は実に小祝らしい。そして、そんななかでも“いつものように”スコアを伸ばしたこの黄金世代も、やはり実力者といっていい。

(文・間宮輝憲)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・頭痛、ノド痛…体調不良も渋野日向子は3打差好発進 グリーン周りで魅せた18ホール
・こちらも全英帰り!テレサ・ルーが1打差2位 渋野日向子を「応援したくなる!」
・“賞金王”のキャディと同級生の偉業 2つの刺激で臼井麗香の勢いはさらに加速
パーゴルフ編集部インスタギャラリー