取材の現場から

葭葉ルミは“なりきりタイガー・ウッズ” 初日も2日目も最終日の気持ちで

「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」が開催されているヨネックスカントリークラブは寺泊港の近くに位置する。日本海の恵みをたっぷり享受した「魚のアメ横」とも呼ばれる寺泊港は釣り好きには魅力的なエリアだ。

女子ゴルフ界の釣り人といえば葭葉ルミ。葭葉の専門はバス釣りだが、釣りが盛んなエリアに引き寄せられないわけがない……と、寺泊港に行ったのかを聞いてみた。

「練習日に(表)純子さんに誘ってもらって、寺泊、行きましたよ。純子さんに貸りた竿で、さびき(エサに似せた疑似餌針がいくつかついた仕掛けとまき餌 (アミエビ) を入れたカゴを連結したもので釣る)をしたら釣れました! 釣れたのはイワシです。でも最初、イワシってわからないくらい大きくてびっくりしました。やっぱり日本海すごいって思いましたね」

聞けば、海釣りは今回で2回目。初めて海釣りしたのは北海道だったそうだが、
「北海道はワーム(ポリ塩化ビニールなどでできた疑似餌)でも釣れたんですよ。だから、日本海でもルアーで釣れるんじゃないかなと思って、後半はルアーに挑戦したんですけど……魚って頭がいいから、ルアーには見向きもしなくて(笑)」

海釣りの難しさを知ったようだが、葭葉が感じる釣りの魅力は“遠投”。
「私、投げたくて釣りをしてるんですよ。もちろん釣れたらうれしいですけど、実は釣れても、釣れなくてもどっちでもいいんです(笑)」

ゴルフも今週からドライバーを振り切るようにしたという葭葉。これまでドラコン女王の名を欲しいままにしてきたが、ここ最近は練習では振り切れても、試合になると振り切れていなかった。

「どんどん振れなくなってきていて、どんどん自分は飛ばないとか、距離が落ちたぶん気持ちも下がっていて……」

葭葉の武器である飛距離に自分でブレーキを掛けていた。しかし先週、「リゾートトラストレディス」の初日に松田鈴英と、2日目に渡邉彩香という2人の飛ばし屋とラウンドし、
「やっぱり振り切ったほうがいいなと。気持ちも前向きになれたので」

そこで今週は、飛距離が出た方がスコアにつながるし、ドライビングディスタンスのデータを見ても飛距離が落ちているのを実感したため、かなり振るようにしたそうだ。まだ以前のように“全力で振り切る”レベルには至っていないが、初日8位タイ、2日目6位タイと好位置につけている。

「気持ち的にはタイガー・ウッズなんですよ。もちろんウェアもタイガーを意識してます(笑)。初日だからとか、まだ2日目だし……となると、どんどん気持ちが逃げていってしまうので、常に最終日の気持ちでプレーしようと思ったんです」

釣り竿も振るけど、ドライバーも振る……。“なりきりタイガー・ウッズ”で、今季「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」2位以来の上位進出を目指す!
パーゴルフ編集部インスタギャラリー