取材の現場から

進化を続ける〈プロV1〉にイエローが仲間入り 藤田寛之もトーナメントで使うかも!?

昨年11月にツアーデビューした〈プロV1〉シリーズの最新作が2月8日から発売される。日本ツアーではシーズン中にもかかわらず、4戦目にして7割以上の選手が新シリーズにスイッチするほど完成度が高いと評判だったが、具体的な進化のポイントも明らかになった。

3層構造の〈V1〉は、ボールの硬さやコアの硬さに変化はないが、コアの配合を変えるなど硬度の均一性を高めた。ま軟らかいカバーを薄くして、中間層を厚くした。今までどおりショートゲームではしっかりスピンがかかり打感も柔らかい。軟らかさを兼ね備えながら、ボール初速がアップし、飛距離性能が上がったという。

4層構造の〈V1x〉も同様にコアを進化させ、軟らかいカバーを薄くし、中間層を厚くすることで、初速がアップし、飛距離性能が上がった。

それぞれの違いは、前シリーズ同様、V1もV1xもロングゲームの飛距離性能は同じだが、飛ばし方が異なる。V1は中弾道でランが出やすく、V1xは、中高弾道でキャリーが出る。また、アイアンやショートゲームでは、V1はV1xと比べるとスピン量はやや少なくなるが、打感が柔らかいという違いがある。

また、プロV1シリーズ10代目にして、初のカラーボールとなる黄色が3月に発売される。一般ユーザーからカラーボールの要望が多かったことから、黄色いV1が実現した。この黄色いV1、米ツアーでは、ウェイストマネージメントフェニックスオープンから提供を開始し、バッバ・ワトソンが使用した。今後は米チャンピオンズツアーや米女子、米下部、欧州ツアーにも提供される可能性があるという。

ギアに詳しいティーチングプロの“QP”こと、関雅史が「V1シリーズは、表面を熱処理する製法のため、カラーボールを作るのが難しいといわれてきました。大きな進化だと思います」というように、V1ユーザー待望のカラーといえる。

V1を使用する藤田寛之は、黄色が発売されることに、「えっ! 知らなかった」と驚きの様子。

「でも、ありがたいですね。最近、フェアウェイに落ちたボールが見にくくなっていました。特に天気が悪い日には。黄色だと見やすいから、使ってみたいです。V1を使うシニアには朗報ですね」

今年50歳を迎える藤田は黄色の登場を待ちわびる。これまでカラーボールを使うならプロV1シリーズの使用を諦めざるを得なかったが、その問題が解決された。日本はカラーボール市場が大きいが、ボール界の絶対王者がカラー市場にも乗り込んでいく。

(本誌・小高拓)
文・編集部 ※2019年2月19日号「芝目八目」より

2019年2月19日号(2019年2月5日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●最注目ドライバー〈エピックフラッシュ〉と〈M5〉〈M6〉予約数はどっちが優勢?大手ショップに聞いてみた
●新シーズンの復活に期待がかかるキム・ハヌル 三十路を迎え結婚も意識する女心を韓国紙に吐露
●ヘッド体積、反発力、シャフトがルール違反の突き抜けたドライバーを打ってみた!
●J・ローズが契約2戦目で早くも優勝 世界1位をほれさせた本間ならではの強みとは?
●ピン〈G410〉の標準シャフトに〈テンセイ〉が!初の三菱採用は額賀辰徳の初Vが影響!?
●手軽に自分のスイングを3D化できる画期的ウェアを帝人が開発
●進化を続ける〈プロV1〉にイエローが仲間入り 藤田寛之もトーナメントで使うかも!?