坂田信弘のラウンド進化論 グリップの目で球の高さを決め打つ

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(1月19・26日合併号)では「60歳を過ぎたら“単純力” で飛ばす」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ1月19・26日合併号のラインアップはコチラ!


若いころは飛距離も方向も、勘頼りの打ち方ができた。だが60歳を過ぎると本能力は落ちる。となれば出したい球筋、狙った球の高さを出すには何らかの目安が必要となる。その目安を最も宿すのはどこか。球の高さを決めるのはフォロー時の右手の親指と人さし指の位置であった。

右手の指2本の先に球が飛べばOK

 ハンディ0の方の規定打数はパーである。ハンディ18の人ならボギーをパーとして考える。

 自分のパーが続いたとき、「そろそろ叩くんじゃないか」と不安を覚える人、逆に「次はバーディが出るんじゃないか」と期待する人、「このままパーが続くのでは」と現状維持を期待する自分のいることを知ると思う。

 ジュニア塾生、そして進化論塾生指導の経験で申すが、上達の伸びしろを最も持っているのは叩く不安を抱えている人であった。勝負事において臆病の気持ちは大事だ。臆病でなければゴルフの上達は生まれないような気はする。

 OBが出てもスコアが悪くても会心の当たりが一発出ればそれで満足という人は、競技ゴルフに向いていなかった。「このグリーンは上につけたら厄介だ」と思えば、確実に下につける。そういう臆病は、慎重と丁寧を生んだ。臆病、慎重、丁寧というのは上達するうえで大事な能力であると思う。その次に蛮勇や知勇などの勇気がくる。

 臆病と警戒を混同してはいけない。警戒心を持てば自分にプレッシャーをかけ、スイングリズムとスイングの大きさを乱す。臆病に慎重にゴルフをするのと、打つ前からミスを恐れるのは違う。別物である。

 予期不安に打ち勝つには決め打ちしかない。真ん中でも右でも左でもいい。ここに打つと決めた場所、決めた球の高さに打っていく。

 このとき目安となるのがフォロースルー時の右手だ。右手の人さし指と親指がつくる線。その線の延長線上に球が飛び出していけばいい。

 アドレスしたときにフォローの右手の位置はここ、と決める。そして決めた位置に右手がきたとき、その延長線上に球があれば、狙いどおりの高さに打てているということだ。決め打ち成功の指針は手元にあったのです。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ