坂田信弘のラウンド進化論 トウから上げれば高く止まる球、ヒールから上げれば低く転がる球

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(1月5・12日合併号)では「100ヤード以内を確実にオングリーンさせる」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ1月5・12日合併号のラインアップはコチラ!


前回で、ユーティリティの打ち方を紹介した。コツはバックスイングの始動。フェースを開きながら上げるか、閉じ開きを極力抑えて上げていくか、自分に合うほうを選べば成功確率は高まる、と述べた。この技術はアプローチにも応用できる。上がって止まる球、低く出て転がる球の打ち分けに活用できるのです。

トウ始動、ヒール始動はアプローチでも有効

 ユーティリティクラブをやさしく打っていけるコツは、フェースを開きながら上げるか、シャットに上げるかを意識することだ。トップスイングで左腕が伸びている人はフェースを開きながら上げればいい。左腕を曲げて打っていくタイプの人ならシャットに上げるほうがうまくいく。

 そしてフェースを開きながら上げるか、閉じながら上げるかという技法はアプローチにも応用できる。

 フェースを閉じてシャットに上げた場合、ヘッドはアウトサイドへと上がっていく。そのまま外から振り下ろせばミスになるため、ヘッドをループさせてインから振り下ろすことになる。このときフェースが大きく開くため、インパクトに向けて開いたフェースを戻す必要が出てくるわけだ。ダウンスイングで急激にフェースを返すことで、低く左に行きやすい、転がる打球となる。されば、グリーン左から転がしたいときに有効となる球質が生じる。

 インパクトの瞬間に両の手の甲をグッと絞る感覚、あるいは締める感覚で打ってもいいだろう。

 一方、フェースを開きながら上げた場合は、ゆっくりフェースを返せばいい。すると球は高く出てピンに向かって真っすぐ飛び、止まる球が生じる。このとき、手の中に力を入れてはいけない。あくまでもソフトな打ち方に徹するのがコツである。

 高い球、止まる球が欲しいアプローチではトウから始動して手首を使わずに打つ。低い球、転がる球が欲しいアプローチでは、ヒールから始動してシャットに上げればいい。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ