坂田信弘のラウンド進化論 UTにはスイングタイプ別に最適の打ち方が存在する

閉じるか開くかで球の伸びが変わる

ユーティリティを使いこなすには、スイングの腕の使いように注目。左腕がピンと伸びているか曲がっているかで、フェースを閉じるか開くかが決まり、落ち際の球の伸びが変わってくる。

腕を伸ばして振る人は……

開きながら上げる

左腕をピンと伸ばしてスイングする人は、フェースを開きながらバックスイングすると成功率が高まる。フェースを開きながら左手首を伸ばしてバックスイングすれば球が伸びる。ピン奧のグリーンを狙うときにも活用したい。

担ぎ上げスイングの人は……

シャットに上げる

担ぎ上げタイプの人は、シャットにクラブを上げていく。体が硬化してヒジが曲がる人も、手首を曲げてシャットに上げれば、ユーティリティの成功機会は増すと思う。落ちる球筋となるため、バンカーや池越えでピン手前という状況で有効となる。

坂田信弘(さかた・のぶひろ)
1947年10月11日、熊本県熊本市生まれ。ツアー参戦の傍ら、84年より執筆活動を始める。99年6月開塾の坂田ジュニアゴルフ塾神戸校塾長、2008年創部の大手前大学ゴルフ部総監督として小学生から大学生までの指導にも携わっている。これまでの坂田塾門下生のプロテスト合格者数は92人。シード権取得者は12人。賞金女王は二人。神戸塾出身の安田祐香は92番目のプロテスト合格者であった

構成・及川愛子 協力・鹿沼カントリー倶楽部(栃木県)
※週刊パーゴルフ(2020年4月7日号)掲載

※次回は1/1(金)更新予定


坂田信弘のラウンド進化論 バックナンバーはコチラ!>>

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ