鴻江理論が導く新常識「あなたは、うで体? あし体?」(19)

アッパー軌道が基本の“あし体”タイプは上げると距離感が合いやすい

鴻江 それはどちらかというと、“うで体”タイプの考え方ですね。カカト側に重心がある“あし体”タイプは浅い前傾姿勢で手元はハンドアップ、ボールに対してハンドレイトに構えてアッパーかレベルブローの軌道に打ちます。そのため、ピッチショットのように高く上げるイメージのほうがしっくりくるし、距離感も合いやすいんです。

N澤 プロでも転がしを多用するタイプもいれば、高く上げるタイプもいるし、同じ状況でも寄せ方が違ったりしますよね。

鴻江 N澤さんは“うで体”なので、どうやって転がし寄せるかを基準にして考えると、うまくいきやすいでしょう。

N澤 ショットの調子が悪くて、謙虚にグリーン手前から攻めたから、結果的に得意なピッチエンドランやランニングが使える状況が多くなった、と。それがベストスコア更新につながったのかもしれませんね。

鴻江 偶然の産物だったかもしれませんが、次回のラウンドからはそれを考慮して、コースマネージメントをすればいいですよね。

N澤 そうか。グリーンを狙うときは、もしミスしてもピンまで距離のあるサイドに外れるようにマネージメントすれは、転がせるアプローチが使えて、スコアをまとめやすいということですね。

鴻江 ショットの調子がいいときでも、グリーンの左右や前後にカップ位置が振られているときは、ピンに近いサイドに外さないように、戦略を立てていくといいでしょうね。それは高く上げるアプローチが得意な“あし体”タイプも同じですよ。

N澤 タイプは違っても、ピンが近いアプローチは難しいですからね。

アプローチの精度アップには自分のタイプに合わせた寄せ方をしてみよう

“うで体”タイプはツマ先体重で前傾姿勢が深く、ボールと目線が近い。したがってピッチエンドランやランニングのように、ボールを低めに打ち出して、ランを使って寄せていくのが得意。“あし体”タイプはカカト側重心で前傾姿勢が浅く、ハンドレイトに構えてアッパー軌道に打つため、ピッチショットのように高く上げるイメージがしっくりして、距離感も合わせやすい

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント