鴻江理論が導く新常識「あなたは、うで体? あし体?」(19)

グリーン周りから寄せワンを狙うなら
“うで体”は転がしを重視、“あし体”はピッチショット

前傾が深くて目線が低い“うで体”タイプは、ショートゲームが得意

N澤 ゴルフって、つくづく面白いというか、不思議なスポーツだなぁと思うんですよね。

鴻江 例えば?

N澤 実は私、つい最近のラウンドでベストスコアが出たんです。ところが、その日はドライバーのティショットの調子が最悪だったんですよ。コースが広くて助かっていただけで、フェアウェイをキープできたのは、たったの1ホールだけ……。

鴻江 それは苦しいラウンドだったでしょうね。ドライバーが当たらずに曲がると、精神的にもつらいですからね。

N澤 アマチュアの場合は特にそうじゃないですか。でも、アプローチとパットが絶好調で、ダブルボギー以上が一つもなくて、悪くてもボギーでしのぐことができたんです。上がってみたらベストスコアを更新していました。

鴻江 なるほど。でも、気持ち的には複雑というか……。

N澤 そうなんですよ。いまだにベストスコアを更新した、あのラウンドは不思議な感覚だったなと。

鴻江 N澤さんのような“うで体”は、アプローチとパットを得意としている人が多いので、そこでスコアメイクするタイプとはいえるんです。

N澤 そうでしたね。“うで体”タイプはツマ先側に重心をかけて、前傾姿勢を深くし、手元をハンドダウンに構えるといいので、目とボールとの距離が近い。それがアプローチやパターで有利に働くんでしたよね。

鴻江 距離が近いほうが、自在にボールをさばきやすいですからね。だから、“うで体”タイプのゴルフはアプローチとパターが勝負どころになるんです。

N澤 鴻江さんの連載を担当させていただくようになってから、アドレスを“うで体”タイプに合うように直したりして、アプローチやパターが向上してきていたのは確かなんですよ。

鴻江 それはうれしいですね。ベストスコアを更新したときは、特に何がよかったんですか?

N澤 ティショットが暴れていたので無理にパーオンを狙わず、グリーン手前からピッチエンドランやランニングで寄せて、しぶとくパットを入れる。そのパターンがハマったというか多かったですね。

鴻江 アプローチに関していうと、“うで体”タイプはピッチエンドランやランニングのように、ボールを低めに打ち出して、ランを使って寄せていくのが得意なんです。

N澤 それはどうしてですか?

鴻江 通常のショットとも共通しますが、“うで体”はハンドファーストに、上からダウンブローにボールをとらえていくタイプだからです。当然、インパクトではロフトが立って当たるので、打ち出しも低くなりやすいですからね。

N澤 なるほど。確かに、高く上げるアプローチよりも、手前から転がし寄せる打ち方のほうが、イメージが出やすい気がするし、いい結果にもつながりやすいかも。でも、昔からアプローチは転がしが基本っていわれてきましたよね。高く上げるよりも、転がしたほうがやさしいって。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント