坂田信弘のラウンド進化論 自分に最適なリズムの宿り場所を探す

スイングの宿り場所の探し方
左右のツマ先、カカトをそれぞれ浮かせて揺する


リズムの宿り場所は人それぞれ異なる。正しい宿り場所を意識することで、スイングリズムを乱すことなく、曲がらぬ球を打っていける。

肩が最も動く場所を探す

左足
左足 【拡大】
右足のカカト、ツマ先、左足のカカト、ツマ先をそれぞれ浮かせて左右に体を振り、最も肩が動く場所を探す。右ツマ先を浮かせると動くなら、リズムの宿り場所はそのとき軸となっていた右足カカトだ。右足に宿る人はダウンスイングに、左足に宿る人はフォローに、直線が生まれる。

坂田信弘(さかた・のぶひろ)
1947年10月11日、熊本県熊本市生まれ。ツアー参戦の傍ら、84年より執筆活動を始める。99年6月開塾の坂田ジュニアゴルフ塾神戸校塾長、2008年創部の大手前大学ゴルフ部総監督として小学生から大学生までの指導にも携わっている。これまでの坂田塾門下生のプロテスト合格者数は92人。シード権取得者は12人。賞金女王は二人。神戸塾出身の安田祐香は92番目のプロテスト合格者であった

構成・及川愛子 協力・船橋カントリー倶楽部(千葉県)
※週刊パーゴルフ(2020年2月25日号)掲載

※次回は11/20(金)更新予定


坂田信弘のラウンド進化論 バックナンバーはコチラ!>>

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント