坂田信弘のラウンド進化論 最下点で打つ発想を持て

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(7月7・14日合併号)では「タテ振りスイングはスタンスでつくる」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ7月7・14日合併号のラインアップはコチラ!


飛距離と方向性を守るためには、クリーンヒットが必要だ。クリーンヒットするには、スイングの最下点で球をとらえる意識がいる。最下点の発想が欠けていると、正確な飛距離、正確な方向性の維持は難しくなっていくのです。

ヘッドの最下点に球位置を合わせる

「ドライバーはアッパーブローで打つ」、「ドライバーもアイアンもダウンブローだ」などとさまざまな意見が存在するゴルフ業界。

 私は、どのクラブも地面の近くを水平に、と考える。

 というのも「ヘッド軌道の最下点で球をとらえるのが基本」であるからだ。

「アッパーブローはヘッドが最下点を越えた後に、ダウンブローは最下点を迎える前に球をとらえる」は、ズレれば飛距離も方向性も失うこととなっていく、やや危険な理論と打ち方であると思う。

 ゴルフ理論は分かりやすく、実行も簡単であるが最善と思うが、理解できてもそのとおりにできないのがゴルフの難しさであった。

 この球2個の位置の違いとなるダウンブローにもアッパーブローにも通用するのが、目標方向に対してできる限り低く長く直線の軌道で、なおかつヘッドの最下点で球をとらえるヘッド軌道であります。

 そのためには自分の最下点を素振りで探り、その最下点にアドレス時の球の位置がくるように立つことが肝要である。

 最下点を知るための素振りは、通常の素振りと異なる。

 上体を曲げずに真っすぐ立ち、胸の高さで水平にクラブを振る。この体勢でクラブを振ると、体の正面で腕が返り始める瞬間がある。そこが自分にとっての最下点だ。

 見るべきは腕が返るタイミングだ。ヘッドが返るタイミングではない。

 ヘッドが返るタイミングでは遅すぎるので、ご注意いただきたい。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ