坂田信弘のラウンド進化論 65歳を過ぎたらスイングの大きさは求めない

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(5月26・6月2日合併号)では「一気集中型の広葉樹か、努力平均維持型の針葉樹か、
どちらのタイプであるかを見極める」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ5月26・6月2日合併号のラインアップはコチラ!


20代、30代なら大きなトップスイング、大きなフィニッシュで高い球、曲がらぬ球を打っていける。40代、50代でもまだ打っていけると思う。だが65歳を超えると同じスイングを求めても、若いころと同じ体の動きはできないのです。無理すればスイングのバランスが崩れる。65歳には65歳の、70歳には70歳のスイングがある。70歳は70歳のスイングでスコアを求めていけばいい。

これからのスイング、トップは小さくフォローは大きくなる

 今、世界の一流プロのトップスイングは小さくなっている。小さいトップといっても、右ヒジを絞り込んだ出前持ちトップではない。小さいながらも右ワキを開けたトップだ。

 ダスティン・ジョンソンも小さなトップではあるが、そのまま腕を上げれば非常に大きなトップスイングになる。昨年の全米オープンチャンピオン、ゲーリー・ウッドランドもそうだ。

 左腕地面と平行のショートスイングのトップまではどのプロも共通の動きであり、ショートスイングのトップから先、スッと腕だけ上げれば大きくて高いトップになっていく。腕を上げれば結果として肩も回る。

 腰から下の動きと形はショートスイングのトップのままであり、下半身のそこから先の動きはなく、あとは上体の動きだけでフルスイングの形をつくっている。

 コンパクトとは違う。世界の一流プロは、小さく振ることで強く振ることを求めてきた。結果、緩みのないスイングが生まれている。

 小さなトップスイング、大きなフォロースルーというのが、これからのスイングの主流になるであろう。クラブの進化に合わせれば、小さなトップに行き着くからだ。

 アマチュアの方もトップを大きくしたいなら、ショートスイングのトップをつくり、その体勢から腕だけ上げればいい。あちこち動かせばスイングのバランスを崩す。坂田塾で子どもたちにスイングを教える際も、ショートスイングのトップから腕だけを押し上げている。上から引っ張るのではなく下から押し上げてやったほうが、スイングは大きくなっていきました。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ