坂田信弘のラウンド進化論 アプローチは「音」を聞け

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(2月4日号)では「冬ゴルフの飛距離減はフェアウェイウッドでカバーする」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ2月4日号のラインアップはコチラ!


音に意識を向けておられる方は少ないと思う。「今のショットのインパクトは、どんな音だった?」と問うても、けげんな表情と対応をされる方は多い。しかし、音の持つ意味は大きいのです。特にアプローチショットでは、音への意識がショットの成否を左右するといっても過言ではありません。

砲台への打ち上げはダフらせ打ちが有効

 砲台グリーンへのアプローチ。当然、球を上げなくてはならない。

 打ち上げのとき、ボールのライは逆目だ。水は高きより低きへ向かって流れる。芝もまた上から下に向かって順目となる。

 打ち上げのアプローチは逆目だ。そして、球の手前2センチにフェースを入れていくダフらせ打ちが有効となるのです。

 このとき、フェースを開くのはやめたほうがいい。フェースを開けば、そのぶんダフリが強くなる。ダフらせ打ちとダフリは別物である。ダフれば飛距離が出にくくなって、ピンまでの距離は合わせにくい。順目ならともかく逆目であればショートするであろう。そのショートを嫌って力を入れると方向が狂う。

 これまで、逆目でのダフリを防ぐには「バンスを使え」と教えてきた。しかし、バンスを使うには高い経験値が必要だ。

 構えたときに見えるのはフェースだけ。ヘッドの裏側は見えていない。バンスの広さや角度を意識して打つには経験がいる。となればハンディ10から30の方に「バンスを使え」は無理な話となる。

 フェースはスクエアに構える。そしてトップ時の左手、腰の高さまで振ることを意識する。

 スイングが小さいとフェースターンが激しくなり、ロフト角が変わる危険がつきまとう。大きくスイングすれば、ロフトが立ったり寝たりの急変のインパクトを迎える恐れはない。

 このとき大事なのは、体重位置だ。右足に体重をかける。大きく振っていくには腰から下を動かす必要がある。左足に体重をかけていたんじゃ右足は動かぬ。ダウンスイングで右ヒザを動かしたいなら、右足に体重をかければいいのです。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ