坂田信弘のラウンド進化論 アプローチでのダフらせ打ちは高級テクニック

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(12月24・31日合併号)では「3点打ちパター練習で傾斜への勘を磨く」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ12月24・31日合併号のラインアップはコチラ!


インパクトはクリーンヒットこそが唯一最善の手段であり、ダフリはミスと思い込んでおられる方は多いと聞く。これは大間違いだ。アプローチでのダフリ打ちは高級テクニックなのであります。球の手前、1センチ、3センチ、5センチにヘッドを入れて意図的にダフらせていく打ち方を身につければ、寄せの技術の選択肢は広がりアプローチを得意とすることもできるのです。

ダフらせ打ちは距離をコントロールしやすい

 アプローチは転がすか、浮かせるか、浮かせて転がすかの3種類しかない。

 そして転がしたければクリーンに打てばいいし、浮かせたければ球の手前からヘッドを入れてダフらせて打てばいい。

 トップはミスだが、ダフらせ打ちはミスなんかではない。高級技術である。

 アプローチにはクリーンに打つ技術とダフらせる技術、この二つの技術があればいい。ダフリ打ちがうまいのはタイ出身のプロだ。タイの強い芝生、硬い芝生、逆目のラフ芝はクリーンに打っていたのでは、距離も方向もバラついて寄せるのは難しくなる。クリーン打ちではインパクト直前直後のヘッドスピードをコントロールできないからだ。

 クリーンヒットというのは、インパクトの後のヘッドスピードは速まる。しかし、インパクト直後の緩みは論外だが、インパクト後にスピードが上がりすぎるのも厄介な状況を招く。

 ヘッドスピードが変われば球の飛び出し速度は変わる。球速をコントロールできなければ、距離のコントロールはできない。

 ダフらせ打ちであれば、ダフった直後からヘッドのスピードは均一になる。故に、アプローチはクリーンヒットよりも、ダフリ打ちから覚えるを最善とするのです。

 体重はツマ先やカカトなどに偏るかけ方をせず、足の裏全体に体重を乗せて構えてもらいたい。

 そして3センチ手前でも5センチ手前でも、ヘッドを入れたい場所に目線を合わせる。あとは振っていくだけだ。

 ヒザの固着打ちは厳禁。アプローチは下半身の動きを抑えて上半身のリズムで打っていくことを基本と教えてきたが、これは一日500球以上の練習できる方でなければ身につかぬ打ち方であった。

 一流のモデルは足を出して歩いていけると聞いた。二流、三流は尻を振って歩くから二流なのだと聞いた。そして、一流の歩き方ができるモデルは世界に50人と聞いた。

 ゴルフ然(しか)り、アマチュアの方が下半身を動かさずに上半身だけで打とうとすれば、ザックリやトップ、シャンクが飛び出す。シャンクというのは下半身が動かないか、あるいは動きすぎて出るミスだ。

 ヒザは固めぬほうがいいのです。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ