坂田信弘のラウンド進化論 砲台グリーンはピン位置で打ち方が変わる

砲台グリーンのアプローチ2種類

砲台グリーンのアプローチは球を落としたい場所がグリーン中央から奧なのか、それともグリーン手前なのかで変わってくる。

狙いがグリーン中央から奧ならクリーンヒットで打っていく

逆目の左足上がりというライでもクリーンヒットするには、フェースを少し左に向け、左足を少し前に出して構えればよい。

ピン位置が手前ならダフリ打ちで寄せる

ピン位置が手前なら、ショートのリスクはあるもののダフリ打ちが最善。フェースはスクエア、そしてダウンスイング途中の左肩の動きを極力抑えることのできる軽い右足体重のアドレスで打てばいい。

坂田信弘(さかた・のぶひろ)
1947年10月11日、熊本県熊本市生まれ。ツアー参戦の傍ら、84年より執筆活動を始める。93年開塾の坂田ジュニアゴルフ塾塾長、2008年創部の大手前大学ゴルフ部総監督として小学生から大学生までの指導にも携わっている。これまでの坂田塾門下生のプロテスト合格者数は89人。シード権取得者は11人。賞金女王は二人

構成・及川愛子 協力・鹿沼カントリー倶楽部(栃木県)
※週刊パーゴルフ(2018年10月30日号)掲載

※次回は10/11(金)更新予定


坂田信弘のラウンド進化論 バックナンバーはコチラ!>>

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ