坂田信弘のラウンド進化論 砲台グリーンはピン位置で打ち方が変わる

ピン手前ならショート覚悟でダフリ打ち

 20年以上前。

 砲台グリーンへのアプローチのうまい塾生がいた。抜群のテクニックといってもいい技の持ち主だった。フェースをかぶせるのは私が教えたのだが、よく見ていると左ツマ先を前に出していた。

 クローズスタンスの方は砲台グリーンのアプローチがうまい。逆にオープンスタンスの方は下り傾斜のアプローチがうまい。クローズスタンスの方が打ち上げのアプローチがうまいのは「両ツマ先のラインをピンより右へ向けてフェースをかぶせて打つ」という打ち方がショットと同じ要領で打てたからである。

「クローズスタンス+フェースかぶせ」でうまく打てるのは砲台グリーンへのアプローチだけだ。他のライや傾斜ではうまくはいかぬ。故にかぶせて打つの構え様は、砲台グリーンアプローチだけに効力を発揮する技術だと考えたほうがいい。

 砲台グリーンへのアプローチは、左足上がり傾斜のショットになる。

 重心位置は傾斜に対して垂直ではなく、地球の地軸に対して垂直に構える。

 落としどころが手前の場合、クリーンヒットで打つのは暴挙。この場合、フェースをスクエアに構え、ダフリ打ちするが最善。

 ダフリ打ちにはショートして届かないというリスクがつきまとうが、ピンが手前ならショートを覚悟のダフリ打ちを勧める。

 ピンがセンター、あるいは奧ならフェースをかぶせて左足を前に出し、クリーンヒットで打つ。

 ピンが手前ならフェースはスクエアで、球の手前3センチにヘッドを入れていくダフリ打ち。

 この二つの技術をもってすれば、砲台グリーンのアプローチ、やさしくはないが顔を背けるほどの難しさではなくなると思うのです。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ