坂田信弘のラウンド進化論 片目打法でミスを修正する

ダフリやトップのクセは片目を閉じて修正できる

 読者諸兄も左右の目、それぞれを閉じて打ち比べてみてもらいたい。

 右目が利き目の方は、右目を閉じるとスタンスがオープンになっていると感じられるはずだ。左目を閉じればスクエアに見える。両目で見れば、左目を閉じたときと同様のスクエアだ。

 利き目が左目の人であれば、右目を閉じればスクエアに見えるが、左目を閉じると右を向いているようなクローズスタンスに感じられるだろう。

 右目を閉じて打つ。

 左目を閉じて打つ。

 そういう練習に、ぜひ挑戦していただきたい。

 やってみれば分かるが、閉じる目によってミスの傾向は異なる。

 利き目が右目の人が右目を閉じればダフりやすく、左目を閉じればトップになりやすい。ということは、ダフリの多い人は左目を閉じて、トップの多い人は右目を閉じて練習すればミスを減らせるということになる。

 己のゴルフ、長所を磨いていけば強いゴルファーになれるし、欠点の修正に力を注げばうまいゴルファーになれる。どちらがいいかと申せば、長所を磨いて強いゴルフだと思う。

 欠点の修正は簡単であればあるほどいい。

 ダフリぐせの修正、トップぐせの修正に手間と時間をかけるべきではない。

 片目をつぶって練習すれば修正の時間を大幅に短縮できるのです。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ