坂田信弘のラウンド進化論 スイングを変えずとも球筋は打ち分けられる

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(9月10日号)では「過去を振り返らず、今できる最善を求める」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ9月10日号のラインアップはコチラ!


ゴルフは己の持ち球で打っていったほうが成功の確率は高くなると思う。逆球や打ち慣れない球を打とうとスイングをいじるのは、やめたほうがいい。だがラウンド中、「ここでフックはイヤだ」「どうしてもスライスは困る」という場面との遭遇、2度や3度はあるはずだ。そんなときは「意識」と「グリップ」にだけ変化を与えればいいのです。スイングを変えずとも、希望どおりの球筋を出すことはできます。

インパクト前後30センチの線をイメージする

 ゴルフで大事なのは「線」である。

 ヘッド軌道全体の線ではない。インパクト手前10センチから球の先20センチまで。この30センチの線をどう描くか。成功の是非は、そこにありだ。

 常にこの30センチの線をイメージする。

 ドローを打ちたいならインサイドからアウトサイドに抜けていく線を思い描く。

 フェードを打ちたいならストレートの線をイメージすればいい。

 フェードを打つからといって、外からのカット軌道をつくろうとするのは間違いである。

 ドローを打つとき、ヘッドはインサイドから直線軌道に入り、インパクト後、フォローで再びインサイド軌道へと向かう。

 このとき、直線軌道が長ければストレート球質に近いドロー球が出る。

 ヘッドは体を中心に円を描いているのだから、アウトサイドからヘッドをインパクトに向かわせるのは不自然な動きとなる。その動き、飛距離と方向を損なう動きであろう。インパクト前後30センチはストレートか、内側から外に抜けていくイメージをつくるべきと思う。

 球が曲がらない人ほど直線に近い線となり、曲がりが大きい人ほど鋭角か、膨らみの強い曲線になる。

「大きなスイングを作れ」というのは、「インパクト前後30センチのヘッド軌道を直線に近づけろ」と同意語なのであります。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ