坂田信弘のラウンド進化論 60歳すぎのスイングはフィニッシュで作る

コントロールショットはフィニッシュの大きさで打ち分ける

60歳を過ぎたらバックスイングやインパクトで飛距離をつくるのではなく、フィニッシュでつくるのが最善。つくりたい飛距離に応じたフィニッシュ位置を設定し、その位置に向けて振り抜いていく。

70ヤード

80ヤード

90ヤード

フィニッシュで飛距離をつくる

バックスイングの大きさで飛距離をつくろうとしたとき、インパクトの力加減にバラつきが生じ、結果もバラバラとなることが多い。フィニッシュの大きさなら、安定した飛距離をつくることができる。70ヤード、80ヤード、90ヤードと打ちたい距離に合わせたフィニッシュ位置を持てば、10ヤード刻みの打ち分けは可能だ。

坂田信弘(さかた・のぶひろ)
1947年10月11日、熊本県熊本市生まれ。ツアー参戦の傍ら、84年より執筆活動を始める。93年開塾の坂田ジュニアゴルフ塾塾長、2008年創部の大手前大学ゴルフ部総監督として、小学生から大学生までの指導にも携わっている。これまでの坂田門下生のプロテスト合格者数は82人。シード権取得者は11人。賞金女王は二人

構成・及川愛子 協力・鹿沼カントリー倶楽部(栃木県)
※週刊パーゴルフ(2018年6月19日号)掲載

※次回は6/21(金)更新予定


坂田信弘のラウンド進化論 バックナンバーはコチラ!>>

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ