坂田信弘のラウンド進化論 距離勘をつくるには右肩にリラックスを宿す

右手親指と人さし指の間を開けば右肩はほぐれる

 もう一つ、正確な距離をつくろうと思うときはグリップに気を配る。右手のグリップをギュッと握り込まず、親指と人さし指の間をほんの少し開いてやればいい。

 距離をつくるショットで最悪なのはグリップが緩むことだ。そう聞けば「最初からしっかり握ったほうがいいのでは」と思われるだろうが、最初から強く握り込んでいくとスイングの途中で緩み生じやすくなるのです。スイング中、グリップが緩めばスイング全体が緩む。そしてこのとき、左右のスエーは生じないが、体の前後のスエー、表現を変えれば上体の前への突っ込みが生じるのです。

 スイング中、最も気をつけねばならぬことは両の肩のライン取りであるが、右肩の突っ込みが生じると肩のラインは崩れる。そして、方向と飛距離が乱れる。

 それを防ぐにはアドレスの時点で右手親指と人さし指を、ほんの少し開いておけばいいのです。

 右手を柔らかく握れば右肩の緊張感がほどけ、右肩にリラックスが宿る。そのリラックスが正確な飛距離を生む要因となること、経験で承知されてる方は多いと思う。

 この右手の開きがうまかったのが尾崎将司さんだ。尾崎さんは「自分は右手の距離勘に自信を持っている」といった。そのとおりだった。尾崎さんのアドレス、ドライバーショットでは右手の親指と人さし指が締まり、ショートアイアンになると開いていた。右手の親指と人さし指で右肩と右腕の緊張を弱め、距離をコントロールしていた。

 マスターズでも全英でも気づいたことがあった。アプローチショットのターフ跡がピンに向かっていた選手は、みな親指と人さし指の間を微妙に開いていた。みんな、無意識の親指と人さし指の間の握り様の違いだったと思うが、経験が与えし右肩と右腕の緊張ほぐし、成功を生むがための手段であったような気はします。間近で眺め、なおかつ双眼鏡で眺めなければ分からなかったことでもありました。

 ターフ跡は、よきショットか失敗ショットだったかを示す証拠である。貴兄も右手グリップを強く握ったグリップと、親指と人さし指を開いたグリップで、80ヤードのショットを打ち比べてみていただきたい。ターフ跡がピンに向かっているのはどちらか。それが正しいグリップの答えであります。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ