坂田信弘のラウンド進化論 50歳すぎの飛ばしは右腰に力を持たせる

左足を少し引けば右腰が力を持つ

 60歳を過ぎたらジャイロを徹底する。そしてジャイロスイングで飛距離を伸ばしていけばいい。

 飛ばしに必要なのは筋肉有効活用である。スピードを生むのは筋肉の長さだ。太さじゃない。インパクトから先はヒジを早くたたまず、腕を伸ばして高く振り上げていく。

 高く振り上げるのがキツければ、アドレスしたときに左足を少し引けばいい。左足を引くと右足が球に対して近くなる。その足はスイングの中心足だ。右足が球に近いと横には振れない。自然と縦振りのスイングになっていく。

 右足がボールに近いと、フォローで右足の足裏内側に体重が乗ってくる。これはプロゴルファーと同じ体の使い方である。われわれプロは、右足の内側に力を入れて右足を残そうとした。塾生にも「フォローで右足を返すな、くるぶしで押さえ込め」と教えてきた。

 カカトが返らぬよう右足内側に力を込めれば、右腰が力を持つ。右腰が力を持てば、年を取っても飛距離は落ちぬ。落ちたとしても最低限の飛距離ダウンで済む。あっけなくカカトが返れば、右腰は力を失い、飛距離は一気に低下する。

「年を取って飛距離が落ちた」とボヤく方の多くは、フィニッシュで右足カカトを返している。返さずに押さえ込んでいただきたい。

 ジャイロで構えて左足を少し引く。それで右腰の力は増し、スイング軌道は縦振りになる。結果、腕を伸ばしたまま高いフィニッシュへと振っていくことができる。

 飛ばしに多くの手順はいらない。必要なのは一つか二つだ。その一つか二つの変化に、50歳を過ぎた方のゴルフを上達させる要因が詰まっているのです。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ