坂田信弘のラウンド進化論 フェアウェイバンカーからダフらず飛ばす

フォローで両ヒジの間隔を広げる

 バンカーからフェアウェイウッドで打つ際は、フォロースルーで両のヒジに余裕を持たせていただきたい。左右のヒジの間隔を広げればいい。両ヒジを広げたフォローからインパクトへと逆戻ししてみれば、フェースは開いているはずだ。逆に両ヒジをくっつけたフォローから逆戻しすれば、インパクトではフェースがかぶっていることがお分かりいただけると思う。

 つまり球の高さは、フォローでの両ヒジの間隔でコントロールできるということ。フォローでヒジを開けば球は高く上がり、閉じれば低くなる。この道理は単純。その単純さこそが真実の場合は多い。

 バンカー内を歩いたとき、足元が滑りやすいと感じることがある。そんなときは、迷わず距離を欲張らずアイアンを選択する。アイアンでのバンカーショットは上から打ち込もうとせず、クラブのロフト角に任せて打てばいい。そのためには、スエー厳禁となる。トップスイングの位置、浅くてもいいからスエーだけは回避すべきだ。

 ゴルフには自分の力でできることと、クラブの性能にゆだねること、その二つが必要である。フェアウェイバンカーからのショットの場合、長いクラブなれば多少の作為も要る。ツマ先を40度に開いたジャイロで回転力を増し、フォローからフィニッシュで両のヒジを開けることで球に高さを持たせる。

 しかしアイアンでその必要はない。いつもどおりのスイングで打っていけばいいのです。ただし、スエーは厳禁。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ