坂田信弘のラウンド進化論 安全地帯へ逃げず一直線にピンを狙う

クラブが短いほど体重移動はシンプルにする

小手先のテクニック、右からだ、左からだと曲げたり、高さを変えたりしようとせず、シンプルに振って一直線にピンを狙うが最善。ショートアイアンやウェッジなど短いクラブほど、シンプルなスイングで打っていく。

体重は右足カカトから左足カカトへ一直線に移す

ドライバーやフェアウエイウッドの場合は、右足カカトから右足ツマ先→左足ツマ先→左足カカトへと、あるいは右足カカトから右足土踏まず、そして左足土踏まずから左足カカトへと円を描くように大きく体重を移していく。短いクラブの場合は、トップスイングで右足カカトに体重を乗せ、一気に左足カカトへと体重を移しながらクラブを下ろしていく。直線の体重移動を意識することでスイングもシンプルになる。

短いクラブの体重移動

長いクラブの体重移動


坂田信弘(さかた・のぶひろ)
1947年10月11日、熊本県熊本市生まれ。ツアー参戦の傍ら、84年より執筆活動を始める。93年開塾の坂田ジュニアゴルフ塾塾長、2008年創部の大手前大学ゴルフ部総監督として、小学生から大学生までの指導にも携わっている。これまでの坂田門下生のプロテスト合格者数は82人。シード権取得者は11人。賞金女王は二人

構成・及川愛子 協力・鹿沼カントリー倶楽部(栃木県)
※週刊パーゴルフ(2018年4月24日号)掲載

※次回は5/3(金)更新予定


坂田信弘のラウンド進化論 バックナンバーはコチラ!>>

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ