坂田信弘のラウンド進化論 安全地帯へ逃げず一直線にピンを狙う

球の高さを一定にして飛距離を安定させる

 本能のまま一直線にピンを狙う。このときの優先順位、方向以上に距離を合わせることが大切となる。ベタピンに寄ったと喜んでグリーンに近づいたら5メートルも手前だったというのは、よく経験することで精神的ダメージは大きい。距離のズレで生じるショックは左右のズレで生じるショックの倍はある。距離のズレをなくす手段、それは9番アイアン5回打つのであれば5球とも、同じ高さで飛んでいく9番アイアンのショットにすることだ。

 球の高さの均一性である。同じ高さに打っていければ飛距離は安定する。その手段、クラブが短いほど、体重移動をシンプルにすること。

 ドライバーや3番ウッドなどシャフトの長いクラブであれば、トップスイングで右足のカカトに乗った体重を右足ツマ先→左足ツマ先→左足カカトへと大きく円を描くように体重を回していけばいい。それに対してショートアイアンやウェッジでは、右足カカトから左足カカトへ一直線に体重を移す。

 右カカトから左カカトへ体重移動を直線にすればスイングもシンプルになる。シンプルなスイングからは、ロフトどおりの高さへ球は打ち出されていく。

 まずは危険地帯を避けるマネジメントからピンを一直線に狙うゴルフへと切り替える。そこから始めてください。本能のままピンを攻めることが、貴兄のゴルフに大きな変化を与えてくれると思います。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ