坂田信弘のラウンド進化論 メジャートーナメントはプロの「顔」を見る

ティペッグは一度刺してから少し浮かせる

本稿にて技術をお伝えできなかった。そこで、ティペッグの刺し方についてのアドバイス一つ。

少し浮かせてティの高さを確認する

ティペッグをおざなりに刺すのは厳禁である。ティの高さが低すぎたり高すぎたりすれば、ダフリ、トップが生じる故にだ。プロは直感持つが故にインパクト前後のヒザの動きで高さを合わせることはできる。だがラウンド90を切れない方はティアップの高さを常に一定にするが最善と思う。まず地面に指が当たるところまでティペグを刺し、そこから少し引き上げる。この手順を習慣づけることが肝心だ。
差し込んで終わりでは、ティの高さを確認できない。指がしっかり地面に触れる位置まで刺してから少しだけ引き上げ、ティアップの高さを指で測ればいい。

坂田信弘(さかた・のぶひろ)
1947年10月11日、熊本県熊本市生まれ。ツアー参戦の傍ら、84年より執筆活動を始める。93年開塾の坂田ジュニアゴルフ塾塾長、2008年創部の大手前大学ゴルフ部総監督として、小学生から大学生までの指導にも携わっている。これまでの坂田門下生のプロテスト合格者数は82人。シード権取得者は11人。賞金女王は二人

構成・及川愛子 協力・鹿沼カントリー倶楽部(栃木県)
※週刊パーゴルフ(2018年4月17日号)掲載

※次回は4/26(金)更新予定


坂田信弘のラウンド進化論 バックナンバーはコチラ!>>

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ