坂田信弘のラウンド進化論 プレッシャーに負けないスイングの頼り場所をつくれ

プレッシャーを感じたとき眉間、鼻、アゴの縦軸を意識する

スイングの頼り場所とするべきは、軸である。眉間と鼻とアゴを結んだ縦の線を、いかなるときも倒さぬよう意識してもらいたい。

縦軸を真っすぐ立てるには左右均等の体重配分で構える

左右の足に均等に体重をかけると、スタンスの中心に頭のてっぺんから体を貫く縦のラインを感じることができる。されば眉間、鼻、アゴを結ぶ縦軸の誕生だ。
右足体重、左足体重で構えると体の縦ラインが傾きやすくなる。アドレスでは傾かなくても、スイング中に傾く。

坂田信弘(さかた・のぶひろ)
1947年10月11日、熊本県熊本市生まれ。ツアー参戦の傍ら、84年より執筆活動を始める。93年開塾の坂田ジュニアゴルフ塾塾長、2008年創部の大手前大学ゴルフ部総監督として、小学生から大学生までの指導にも携わっている。これまでの坂田門下生のプロテスト合格者数は81人。シード権取得者は11人。賞金女王は二人

構成・及川愛子 協力・船橋カントリー倶楽部(千葉県)
※週刊パーゴルフ(2018年3月20日号)掲載

※次回は4/5(金)更新予定


坂田信弘のラウンド進化論 バックナンバーはコチラ!>>

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ