坂田信弘のラウンド進化論 横から強風が吹こうとも、狙いは最大グリーンの幅に定める

狙い場所の限界はグリーンの端ギリギリ

グリーンの端ギリギリ、それ以上の外狙いは恐怖の加わったスイングとなる。結果、引っかけ球やインパクト直前直後のロフト立ちした球が生じ、流されない球が飛び出すこととなりましょう。そして大きなトラブル発生だ。左からの強い横風、ピン位置はグリーン左サイドという状況であっても、グリーンを外した外側に狙いを定めてはミスのリスクが高まる。グリーンの端ギリギリを限界地点と考えていただきたい。

坂田信弘(さかた・のぶひろ)
1947年10月11日、熊本県熊本市生まれ。ツアー参戦の傍ら、84年より執筆活動を始める。93年開塾の坂田ジュニアゴルフ塾塾長、2008年創部の大手前大学ゴルフ部総監督として、小学生から大学生までの指導にも携わっている。これまでの坂田門下生のプロテスト合格者数は81人。シード権取得者は11人。賞金女王は二人

構成・及川愛子 協力・船橋カントリー倶楽部(千葉県)
※週刊パーゴルフ(2018年3月13日号)掲載

※次回は3/29(金)更新予定


坂田信弘のラウンド進化論 バックナンバーはコチラ!>>

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ