バンカーでも しっかり左に振り抜く by アン・ソンジュ

来週いよいよ開幕する日本女子ツアー。先週に引き続き、昨年賞金女王のアン・ソンジュのレッスンをお届けしよう。ソンジュといえば、アイアン精度の高さを誇るが、その源になっているのが「ベタ足スイング」だ。実はこれ、ソンジュのバンカーショットにも生かされている。彼女自身は、バンカーショットを得意ではないというが、それでもサンドセーブ率は、昨季3位。憎たらしいほどうまい小技を持っているのだ。その一端を見てみよう。
ボールのすぐ後ろにバンスを着地させれば、 リーディングエッジが刺さらずに砂の上を滑ってくれる
ボールのすぐ後ろにバンスを着地させれば、 リーディングエッジが刺さらずに砂の上を滑ってくれる 【拡大】
私、実はバンカーが得意ではないんです。以前は、バンカーからボールを出したい気持ちが強かったせいか、アドレスでけっこうオープンスタンスにしていたんです。でもオープンに立ちすぎると、右に打ち出しやすくなって方向性が悪くなる、とアドバイスをもらってからは気をつけています。
バンカーからスピンをかけるのは、なかなか難しいので、転がし寄せていくのがいいと思います。フェースは目標よりも少し右を向くくらい開きますが、スタンスはほぼスクエア。足の指の長さぶん、左足を引くくらいです。転がし寄せる場合は、エクスプロージョンショットとはちょっと違い、砂を薄く取って、ヘッドはボールのすぐ後ろに入れていきます。大事なのはフォローでヘッドを目標方向に出すのではなく、しっかり体の回転で左に振り抜いていくこと。ただし、 振り抜くことで、少し左に打ち出されるので注意してください。
砂を多く取りすぎると、距離感が出しにくい。ボールのすぐ後ろにヘッドを入れ、砂を薄く取るように打つ
砂を多く取りすぎると、距離感が出しにくい。ボールのすぐ後ろにヘッドを入れ、砂を薄く取るように打つ 【拡大】
フォローで目標方向に向けてヘッドを出すと、ヘッドが砂に刺さりやすい。体の回転を使って左にしっかり振り抜くのが正解
フォローで目標方向に向けてヘッドを出すと、ヘッドが砂に刺さりやすい。体の回転を使って左にしっかり振り抜くのが正解 【拡大】

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ