畑岡奈紗は、ストップ&ゴーで タメをつくる

トップスイングで一時停止する意識を持つとタメができるという畑岡。 理想は松山英樹くらい止まる意識だ
トップスイングで一時停止する意識を持つとタメができるという畑岡。 理想は松山英樹くらい止まる意識だ 【拡大】
「私がスイングで意識しているキーワードは「一時停止」です。調子が悪いときは、トップから手が早く落ちてしまっていました。これではダウンスイングで上半身も下半身も同時に動くので、タメができずに強いボールが打てません。そういうときはトップで一時停止するくらいのイメージで打っています。理想は松山英樹さんです。実際には止まっていないかもしれませんが(笑)、意識が大事です」
確かに、松山のトップは一瞬止まるというより、間があるように見えるし、それが強烈なタメを生んでいるのも想像がつく。
ダウンスイングでは、下半身は左に回転しているが、胸は飛球線の後方を向いたまま。このねじれが力強い球を生む
ダウンスイングでは、下半身は左に回転しているが、胸は飛球線の後方を向いたまま。このねじれが力強い球を生む 【拡大】
一度、止まる意識を持ったあとはどう動かしていけばいいのだろう?「技術的な要素としては、トップから切り返す際、まず下身から始動しますが、上半身の動きはガマンします。これが一時停止につながるのです。ダウンスイングでは、胸が飛球線の後方を向き続けるくらいのイメージでいいと思います。体の上下の捻転差が生まれるので、パワーがたまります」。
フェース面は常にボールを見る。フェース面を意識すれば、インパクトでのブレもなくなる
フェース面は常にボールを見る。フェース面を意識すれば、インパクトでのブレもなくなる 【拡大】
それでもボールが散らばるという場合は、バックスイングもチェックしたほうがいいという。「フェース面の管理がスイング全体にできていないと、ボールが左右に散ってしまいます。 これを直すために、バックスイングではフェース面が常にボールを見ている状態を保ちます。手だけで上げるとフェース面が開いてしまうので、体全体で上げていきます。これはオーバースイングも防げるので非常に有効です」。
畑岡のこのレッスン、今の時期なら素振りやシャドースイングで取り入れてもいいだろう。ショットメーカーが実践しているレッスン、ぜひ参考にしてほしい。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ