坂田信弘のラウンド進化論 トップスイングまで目をつぶって打つ

目をつぶる3つのメリット

「球をよく見ろ」といわれるが、目を閉じるからこそ見えてくるものがある。正しいスイングや上達に必要な3つの要素が身につきます。
▶球と体の距離が適性になる
視界をゼロにすることで、自分にとって最適な球との距離を体が教えてくれる。目を開けていたときより球に近づけるはずだ。

▶集中力が増す
球もクラブのヘッドも見えないままアドレスしスイング始動することで無心になれる。そしてトップスイングから切り返して目を開いた瞬間に集中力が高まる。

▶目を開けた通常ショットをやさしく感じられる
トップスイングまで目をつぶるショットを2球打った後、最初から目を開けて打つ通常のショットを1球打つ。すると目を開けたショットが簡単だと感じられる。

坂田信弘(さかた・のぶひろ)
1947年10月11日、熊本県熊本市生まれ。ツアー参戦の傍ら、84年より執筆活動を始める。93年開塾の坂田ジュニアゴルフ塾塾長、2008年創部の大手前大学ゴルフ部総監督として、小学生から大学生までの指導にも携わっている。これまでの坂田門下生のプロテスト合格者数は81人。シード権取得者は11人。賞金女王は二人

構成・及川愛子 協力・船橋カントリー倶楽部(千葉県)
※週刊パーゴルフ(2018年1月9日・16日合併号)掲載

※次回は2/8(金)更新予定


坂田信弘のラウンド進化論 バックナンバーはコチラ!>>

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ