坂田信弘のラウンド進化論 朝一のティショットは、スイングの「大きさ」か「速さ」で飛ばす

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(2月5日号)では
「アプローチでのダブらせ打ちは高級テクニック」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ2月5日号のラインアップはコチラ!


朝一のティショットには「ミスしないだろうか」という不安、「いいスコアが出せるか」という緊張、そして「きっといい球が出る」という期待が混ざり合うものだ。不安、緊張、期待がゴルフを難しくするわけだが、この3つがなければ進歩がないのも事実と思う。となれば背を向けることはできず、折り合いをつけて付き合っていく以外に手はない。50歳過ぎての不安、緊張、期待との付き合い方を述べさせていただきます。

ノーコックでスイングの大きさを維持する

 朝一のティショットで不安、緊張、期待を覚える。これは何人にも共通のことだ。しかし若い人ならば不安や緊張によってスイングは左右されない。朝一も最終ホールも同じスイングができる。それは若さの持つ力であり強さだ。

 ところが50歳を過ぎれば話は違ってくる。緊張により体の動きが変化する。どう変わるかといえば、筋肉の動きは硬くなり、関節の可動域は狭まっていく。体の伸びよう、捻じりようが弱くなる。60歳を過ぎ70歳にもなればその変化は顕著。極端に弱くなっていく。

 60歳を過ぎても朝一ショットの緊張感に左右されず大きなスイングで打ちたい。そう思うならまずはコックを使わないことだ。バックスイングの途中で早くコックを使えば、スイングは小さくなる。極端な例がヒョイッとクラブを担ぎ上げた出前持ちスイングである。

 手首を使えば簡単にクラブは上がるがスイングは小さくなる。コック頼りのスイングを続ければいずれケガをする。左手首や左手親指のつけ根を痛める。故に坂田塾ではノーコックのスイングにこだわった。

 笠りつ子は子どものころ、手首を使う癖を持っていたが徹底的に修正した。その結果、体の回転でクラブを上げていくことができるようになった。

 朝一のティショット。手首を使わずに体の回転でクラブを上げることができれば、不安や緊張の中でも大きなスイングで振っていくこと、可能となるのです。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ