坂田信弘のラウンド進化論 アゲンストのときこそ飛距離より方向の正確さを求めよ

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(1月8日・15日合併号)では
「グリーンを狙うショットはピン以外見ない」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ1月8日・15日合併号のラインアップはコチラ!


フォロー風のときは方向を重視し、アゲンストのときなら距離重視と考える方は多い。だが、アゲンストのときの飛距離第一の考えは危険度満載である。結果は方向と距離のどちらをも失うからだ。アゲンストのときはフォローのときよりも優先順位、必要となるが、方向重視を優先すべきと思います。

スタンスを狭めてフォローで太モモをつける

 フォローの風なら方向を大事に、アゲンストは距離を大事にすると考えてはおられる方は多い。だがこれは危険なる発想である。

 アゲンストのときこそ方向を大事にしなくてはいけないと思う。アゲンストに押し戻されながら曲がっていけば、曲がり幅はより大きくなり距離も大きく落ち行くは必然。どこへ飛ぶか、運任せでは、トラブルになる危険が高い。アゲンストでは方向重視に徹するべきである。となればトップとフィニッシュ位置の形を決め、体重移動を少なくしてシンプルに振っていくことが求められる。ところがアマチュア諸兄は逆のことをされる。アゲンストで飛ばそうとする。スタンスを広げて体重移動を大きくし、腕頼り、振り幅頼りの力に頼ったスイングで打っていこうとされる。もちろん、うまくいけばアゲンストの中で距離を稼げる(その確率、ハンディ16の方で10球に2度と思う)が、失敗すればOBやハザードにつかまるは必然だ。

 アゲンストでもフォローでも無風のときでも、ミスの確率を下げることへの意識は必要と思う。

 アゲンストは狭いスタンスで打っていく。両カカトをくっつけるジャイロで構えてもいい。そしてスイング軸をゆがめさせぬために、インパクトからフォロースルーにかけて両の太モモをくっつけていく。両太モモが開いたままだと、右ヒザが前へ出たり左ヒザが伸び上がったりといった動きが生じて、それがダフリやコスリ球を誘発するが故にだ。

 芯外しによって起きるミスを防ぐには、インパクトからフォロースルーにかけて右ヒザを左へスライドさせ両太モモをくっつければいいのです。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ