坂田信弘のラウンド進化論 目標の逆を向いた素振りでアゲンスト風に負けることはない

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(1月8日・15日合併号)では
「グリーンを狙うショットはピン以外見ない」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ1月8日・15日合併号のラインアップはコチラ!


アゲンストに負けぬように強く振る。この発想はミスへの第一歩だ。力の入れどころを間違えるとミスの確率は高まるばかりである。力を入れずに強い球を打つ方法をお教えいたします。

アゲンストに向かって振ればフォローは出しにくい

 アゲンストが苦手という人。苦手意識の宿る原因は二つあります。一つは飛距離が落ち、そして大きく曲がるからイヤだという思い。もう一つはスイングが乱れるからイヤだという思いである。

 アゲンストだと距離が落ちるから苦手というのは、攻めの発想ではないと思う。距離が足りないなら番手を上げればいいだけの話である。ティショットでドライバーを使った飛距離落ちを嫌うのであれば、打つ前の発想を変えればいいのです。

 350ヤードのパー4であれば410ヤードと思えばいい。第1打と第2打にそれぞれプラス30ヤードの距離与えてやれば、力頼りのティショット打ちとはならないだろう。自信の持てるクラブ1本あればハンディキャップは5だ。2本あればハンディ0、3本あれば地区アマ、4本あれば日本アマに出場できる。5本で日本アマ優勝してプロ転向。6本でプロの試合に出て7本でシード入り。8本で優勝、9本で日本一。得意クラブ11本あれば世界一だ。自信を持って打てるクラブを、ジャンボ尾崎は9本、ジャック・ニクラスは11本といった。つまり「6番アイアンなら打てるのにアゲンストだと5番アイアンで打たなければならないから苦手」というのは、実はどっちで打ったって同じとゆう気はします。単に短いクラブが振りやすいだけであり、長さとロフトに対する恐怖が克服できてはいない。その克服手段は後日稿にて述べさせてもらいます。

 もう一方の「スイングが乱れるからアゲンストは苦手」というのは理解できる。アゲンストの中では向かい風に向かってフォローを出していくため、どうしてもフィニッシュが小さくなる。

 かつて「アゲンストの中でスイングを固めよ」という教えもあったが間違いだ。練習はフォローの中でしたほうがスイングは大きくなるし、美しく固まっていくと思います。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ