坂田信弘のラウンド進化論 パットは決め打ちが理想、そのためにはオーバーの距離がほしい

カップのすぐ先の仮想カップを狙う

 距離をつくる練習はカップの30センチ先に止めていけばいい。しかし実際のラウンドとなると話は別だ。カップの30センチ先を狙っても入らない。実戦ではカップのすぐ先にもう一つカップがあるとイメージし、そのカップを狙っていくといい。気持ちは30センチ先。練習のときの心構えである。

 そしてパッティングにおいては、「ここから2パットでいけばいい」という教えは最悪だ。「2パットでいい」と思えば大きくショートしたりオーバーしたりする。「本物のすぐ先のカップに打つ」と思えば、距離づくりのミスは少なくなると思う。

 そしてフェース向き。フェースを左右どちらの手で合わせるかは重要である。左手で合わせると球は左へ行きやすく、右手で合わせると右へ行きやすい傾向を持つ。故に引っかけやすい人は右手で合わせればいいし、プッシュしやすい人は左手で合わせればいい。

 あとはフェースのど真ん中で打っていくだけ。「グリーンが速いときはフェースの刃で打て」「引っかけやすいならヒールで打て」などさまざまいわれるが、物事を複雑に考えるほどに複雑化は増すものだ。そして難しくなっていく。カップが近くなるほど物事は単純に考えたほうがいいと思う。打つ前も打った後もだ。

 土壇場になればパッティングは理屈でなく本能がモノをいう。「カップのすぐ先を狙いフェースセンターで打つ」という心構え、心のアドレスを持っていただきたい。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ