原英莉花のスイングをいいとこどり!飛ばしは体の回転から

ジャンボ軍団の「姫」こと、原英莉花 撮影・鈴木祥
ジャンボ軍団の「姫」こと、原英莉花 撮影・鈴木祥 【拡大】
黄金世代の飛ばし屋として、メキメキ力をつけている原英莉花。新人戦の加賀電子カップでも最終日にイーグルを奪うなど、圧巻のプレーで優勝した。そんな彼女がスイングで気を付けていることは何か?男女ツアーでプロコーチを務める石井忍の解説とともに見ていこう。

原本人曰く、「ドライバーでミスが出るときは、目線が上がって 手打ちスイングになっています。そのまま右にすっぽ抜けることもあるし、左にミスすることもあります」という。そんなときにどうするのか。「私が気をつけているのは、手だけで打ちにいかないよう体の回転でフェースをローテーションさせること。左に振り抜く意識が大事」だという。
右ヒジを曲げずにトップまで。これが大きなスイングアークを生む 撮影・鈴木祥
右ヒジを曲げずにトップまで。これが大きなスイングアークを生む 撮影・鈴木祥
そんな原の意識に対して石井は、こうアドバイスする。「原選手の飛ばしの秘訣は、右腕の使い方にあります。バックスイングでは、必要以上に右ヒジを曲げずにトップをつくり、右腕の長さをある程度キープしたまま、胸を回転させてダウンスイングからインパクトへもっていきます。これが体の回転ということになるのでしょう。右腕を長く使うことで、 スイングアークが大きくなってインパクトゾーンが長くなるほか、遠心力が大きくなってスイングスピードも上がるため、飛んで曲がらない ショットが打てるわけです」。

今季はドライビングディスタンスで5位、251.90ヤードを誇る原。来年もジャンボ尾崎の指導のもと、初のレギュラーツアー優勝に向けてさらにスイングに磨きをかける。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ