坂田信弘のラウンド進化論 狙いどころは眺めるだけではなく指をさす

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。


「あそこに打っていく」と一点に狙いを定める“決め打ち”。OBやウォーターハザードが気にならなくなる利点はあるが、緊張感は高まる。心の高揚、悪くはない。適度の緊張は体の動きのスムーズさを生むが故にだ。ただ、適度を超える強度、過度の緊張は体の動きの不均一を生む。となれば、体の動きにぎこちなさを生じさせない適度の緊張を得る手段はあるのか。過度の緊張ほぐしの策をお伝えいたします。

上半身、下半身それぞれ緊張緩和の策はある

 自分の目標がボギーペースであるなら、朝一のホールに関してのみスコアを一つ落として臨むは最善。スコアへの期待と欲と恐怖は過度の緊張を生むからである。ダブルボギーでいいと思う余裕と対応力あれば、気になって仕方のないOBやウォーターハザードが意識から薄れていくと思う。

 ティグラウンド上、目標スコアを一つ落として「第1打は第2打が振れるところへと打っていけばいい」と思っても、このティショット、「あそこに打ってやろう」との決め打ちの覚悟は出てくる。

 そして決め打ちの覚悟、生じた後が大切なのであります。決め打ちは緊張感を高める。OBを打つのはイヤだと失敗を恐れる恐怖とは別の緊張感である。

 緊張が高まったときの悪影響は二つのタイプに分かれる。下半身が動かなくなるタイプと上半身が動かなくなるタイプだ。上も下も固まる人はいない。どちらかである。ちなみにイップス現象は上半身か下半身の動きの悪さ、過度を超えた強まりから生じるのである。

 自分は上下どちらの動きが悪くなるのかを知れば対策はとれる。

 下半身が動かないならば、つま先を左右ともいつもよりほんの少し広げればいい。ヒザが外を向き、下半身の動きがよくなる。

 上半身が動かなくなる人は、構えた後でスッと左肩を前に出す。上半身で動かなくなると困るのは右肩だ。左肩を前に出せば右肩にはリラックス感が宿る。人間、誰でも人前に出れば緊張するのといっしょだ。緊張させたくない場所は裏へ引っ込めればいい。左肩を出せば右肩は裏に引っ込んでリラックスする。逆に左肩を開いて右肩を前に出せば右肩の緊張は強まる。参考までに申すが、利き腕と反対の左腕延長線上の左肩に過度の緊張、宿りはしない。宿るは利き腕側である。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ