坂田信弘のラウンド進化論 朝一ホールは目標スコアをプラス1で臨む

発想の転換でOBを意識から追い出す

OBを避けることばかり考えていると、トップスイングもフォロースルーも力の入れ具合も中途半端になる。OBを意識していいことは一つもない。

OBを意識しないためには



OBを避けようとするほどスイングから思い切りのよさが消える。OBに打っても仕方ない、と覚悟したほうが振り抜ける。



ボギーペースで回りたいなら朝一はダブルボギーへと目標スコアを一つ落とす。「どこへ打ってもダボは取れる」と思えればOBは遠くなり、気にもならなくなっていくと思う。

坂田信弘(さかた・のぶひろ)
1947年10月11日、熊本県熊本市生まれ。ツアー参戦の傍ら、84年より執筆活動を始める。93年開塾の坂田ジュニアゴルフ塾塾長、2008年創部の大手前大学ゴルフ部総監督として、小学生から大学生までの指導にも携わっている。これまでの坂田門下生のプロテスト合格者数は81人。シード権取得者は11人。賞金女王は二人

構成・及川愛子 協力・鹿沼カントリー倶楽部(栃木県)
※週刊パーゴルフ(2017年10月24日号)掲載

※次回は11/30(金)更新予定


坂田信弘のラウンド進化論 バックナンバーはコチラ!>>

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ