坂田信弘のラウンド進化論 朝一のチョロは左グリップをかぶせて防ぐ

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(11月27日号)では「小さなトップで横風の影響を最小限に抑える」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ11月27日号のラインアップはコチラ!


朝一のティショット、なぜか必ずチョロ球を打ってしまうという方がおられる。スタート前の練習はするのだが、日ごろの練習場通いは皆無という方が朝一の弱さを多くお持ちと聞く。防ぐ手だてはあります。

左グリップをかぶせれば左腕の筋肉が使える

 朝一のティショット、あるいは昼休憩を挟んでの午後一ショットでミスされる方は多い。その原因、足先の開きが左右均等の逆ハの字ではなく、足元が肩の向きと非平行のオープンかクローズになっているのかもしれない。ツマ先ラインと肩ラインに食い違いが生じればヘッド軌道は狂い、その都度その都度の軌道となって球は意図した方向とは違う方向に飛んでいくと思う。

 あるいは、ティアップの高さがいつもよりわずかに高かったのかもしれない。アドレスやティアップ高の微妙なズレ。一日300球打つ方なら、その高さの違いに瞬時に気づくことができるし、変化に対しての調整もできるであろうが、練習場に行かず常にぶっつけ本番の方にとってはミスの源流となり得る事態だ。

 月1ラウンドのゴルファーが朝一ショットでチョロせぬにはどうすればいいか。

 左のグリップを少しかぶせればよい。右グリップはそのままに、左グリップだけをかぶせるのです。左をかぶせて右を開けば球はフックする。しかし右はいつもどおりのグリップのまま、左だけを少しかぶせると強い球になる。右グリップは、いついかなるときも変えてはいけない。変えるのは左だけだ。

 左グリップをかぶせるとどんな変化が起きるかと申せば、左ワキが締まり、左腕が伸びる。この構えだと左腕を内転させる筋肉、左腕内側の筋肉が使えるようになる。そうなるとたたきの強さは増し、強い球が出るようになるのです。

 この方法を見つけたのは、友人とのラウンドのとき。ティショットが右抜けしていた。左グリップを少しかぶせた。「チーピンになってもいい」と思って打ったら、真っすぐの力強い球が出た。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ