坂田信弘のラウンド進化論 50歳を過ぎた人にとって「右足を飛球線に直角」は年齢無視のスタンスであった

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(11月20日号)では「プレッシャーのないゴルフは『残像力』でつくる」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ11月20日号のラインアップはコチラ!


「スイングのカベをつくる」「スタンスは大きく広げてしっかり踏ん張る」「アイアンは上から球をつぶして打つ」など、昔からいわれてきた教え。その教えをかたくなに守り続けてこられた方は多いと思う。道具も理論も進化しているのにだ。

ツマ先の開きに左右差があると方向が取りにくい

 私は自分にできることしか教えていない。自分ができもしないことを人に教えてはこなかった。スポーツ理論とは、自分がやってきたことを踏襲して組み上げていくものである。特に指導現場で指導に当たる者にとって、この姿勢は必要不可欠なものであった。自分が打てない球を人に打てと命ずるのは、高圧的すぎると思う。そこに親子関係ほどの信頼があれば、話は別であるが。

 ドライバーショットのアドレス。過去の教えは右足は飛球線に対して直角、左ツマ先は30度開くスタンスをよしとしてきた。カベをつくれ、ヒザを動かすな、と教えた。下半身と上半身の回転差が生む捻転態のスイングを作るがための教えであった。ベン・ホーガンも右足直角のスタンスであった。

 しかし、クラブの性能が変わり、スイング理論も変わった。プロゴルファーの体形も筋力も変わった。

 40年前のプロゴルファーはトレーニングなどしちゃいなかった。やったとしても、鉄アレイか鉄棒振りがプロのトレーニングだった。今は違う。体幹トレーニングをはじめ、さまざまなトレーニングを積んでいる。

 もう昔の理論は通用しないのです。変化の先に進化あり。理論も進化している。

 右足直角、左ツマ先を30度広げるスタンスは過去のものである。今のクラブであれば左右のツマ先は同じ角度だけ広げる左右対称の逆ハの字構えがいい。左ツマ先だけ開く、あるいは右ツマ先だけ開くスタンスだと、足元だけオープンになったりクローズになる。となればどうしたってツマ先ラインと肩ラインに食い違いが生じる。結果、どちらかの肩を前に出してラインの調整をすることになる。

 今のクラブであればツマ先は逆ハの字。これも私自身が時代ごとのゴルフを体験してきたからお伝えできる、身をもっての理論の変化であります。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ