坂田信弘のラウンド進化論 アゲンストのときはグリーン奧を見る

アゲンストならグリーン奧、フォローならグリーン手前を見る

アゲンストのときは低い球、フォローなら高い球と、風に合わせて球質を変える必要はない。アゲンストならグリーンの奧、フォローならグリーンの手前を見てからショットすればいい。

風に対してコントロールショットは不要

アゲンストのときに低く打とうとか、左からの風に対して左に打って風に乗せようとか、打球をコントロールしようとすると、スイングが小さくなったり止まったりしてしまう。ピンがどこに立っていようと、グリーン中央の奧を見れば思いっきり振り抜ける。風がフォローならグリーンの手前を見ればいい。ゴルフにおいては、単純こそが最強・最善の思考であります。

坂田信弘(さかた・のぶひろ)
1947年10月11日、熊本県熊本市生まれ。ツアー参戦の傍ら、84年より執筆活動を始める。93年開塾の坂田ジュニアゴルフ塾塾長、2008年創部の大手前大学ゴルフ部総監督として、小学生から大学生までの指導にも携わっている。これまでの坂田門下生のプロテスト合格者数は81人。シード権取得者は11人。賞金女王は二人

構成・及川愛子 協力・鹿沼カントリー倶楽部(栃木県)
※週刊パーゴルフ(2017年9月26日号)掲載

※次回は11/2(金)更新予定


坂田信弘のラウンド進化論 バックナンバーはコチラ!>>

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ