坂田信弘のラウンド進化論 アゲンストのときはグリーン奧を見る

グリーン奧を見ればしっかりと振り抜ける

 アゲンストでも球の高さは変えない。同じ番手で球の高さを変えて打つ必要のなさを、クラブとボールとスイングの進化が与えてくれたのです。あとは意識を変えればいいだけの話だ。

 変えるべきは番手と目線である。番手は一つ上げる。そして目線は、ピンではなくグリーン中央の奧を見る。ピンがどこにあってもグリーン中央の奧を見ればいい。逆に強いフォロー風ならば、グリーンの手前を見て打つ。そうすれば、球はグリーン真ん中に向かって真っすぐ飛んでいきやすくなると思う。たとえ外したとしても、アプローチはやさしい。

 アゲンストのときは、風に負けまい、曲げまいとして抑えに抑えた飛ばないスイングになりがちだ。そして球を低く抑えようとすれば、振り抜けずに、フィニッシュまでたどり着けないスイングになってしまうだろう。

 何事も、止める行為は危険である。自転車だって急ブレーキをかければ大きな振動がくる。グリーン奧を見ることで、アゲンストでもしっかりと振り抜けるようにはなる。過去の教え、目線の存在に気づかず、気づいたとしてもおろそかにしていたと思う。

 アゲンストで変えるのは、打ち方ではなく見る場所である。発想の転換はいります。風に対するコントロールショットを覚えたときから、ゴルフは難しくなる。子どもたちはそんなことはしない。させもしなかった。ただ打っていくだけだ。アゲンストもフォローも、番手を変えてただ打っていく。だから恐怖のないゴルフを覚え、スコアの大乱れのない18ホールをつくり上げることができ、向かい風に対しての嫌悪持たぬ単純なゴルフを生み出していた。

 アゲンストだからと抑えて打ってみたり、左から右の風だから左へ打とうとしてみたり、コントロールしようとするとゴルフは難しくなる。そのゴルフは知恵倒れのゴルフだ。当然、苦手とする番手意識も生まれる。それを増長したのはレッスン書でありゴルフ雑誌という気はする。今からでも遅くはない。「アゲンストは低い球」ではなく、「グリーン奧を見る」と発想を転換すればいいのです。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ