坂田信弘のラウンド進化論 バンカーでの線消し練習で左腕を鍛える

左手一本素振りで真っすぐな線を描く

 バンカーでの線消し練習。私は「集中力の鍛錬」と教わった。先人は、ヘッドを狙った位置に落とすことで、集中力を鍛えようとしたわけだ。

 正確なインパクトをつくることを目的とするならば、それよりもよりよい方法がある。線を消すのではなく、線を描くのです。バンカーの中で連続素振りを行いながら、少しずつ前に出る。同じところにヘッドを落とせているならば、一本の線が描かれていく。

 やってみれば分かるが、右手一本で振ればヘッドが入る位置はバラバラだ。両手でもいびつな線となる。左手一本ならば、キレイな線を描くことができる。

 左手一本素振りで線を描くとき、面白いことに右手を左胸に当てると、球位置の先、フォロー側に線ができる。右手を体の真横に沿わせれば、ちょうど球位置、左足カカト延長線上に線が引ける。右手を背中に回すと、球の手前側に線ができる。

 これを応用する。飛距離が欲しいならば、すなわちフォローを大きくしたいときは、右手を左胸に当てて左手一本素振りをする。正確性重視のショットは、右手を体の横に沿わせる。そしてラフからの脱出など力打ちしたいときは、右手を背中に回す。それぞれの姿勢で素振りをしてから、球を打てばいい。

 左腕リードというが、左手一本の線づくりができれば、スイングは正確さを増し、体の正しい動かし方も分かってくる。左手一本で真っすぐな線が描けるようになれば、頭が前後左右、上下に動くクセも消えていく。

 庭にクラブを振るスペースがあるなら、左手一本でクラブを振り、土の上に線を描く。練習場なら、マットの一点目がけて、左手一本の連続素振りを続ける。

 集中力の鍛錬にも、正確なショットにも、そして若々しいスイングを保つのにも、有効な練習法であります。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ